「自分は何でこんなことも出来ないんだろう。」


「自分は何でこんなにも優しくないんだろう。」


「また人を傷つけてしまった‥」


「また喧嘩をしてしまった‥」


ただ、分かって欲しかっただけなのに。


なんで、こんなことになるんだろう?


こんなことになってしまったのは自分に優しさが足りないからだろうか?


自分がもっと相手を理解できて、受け入れる心があればこんなことにならなかったんじゃないだろうか。


何で自分はこうなんだろう‥。


例えば、
そんな風に落ち込むこともあるかと思います。


というか、私もたまにですが、あります。
つい最近もありました。笑
以前は自分に価値があるとか、自分を信じることも出来ていなかったので人とぶつかり、自分を責めて苦しむことはしょっちゅうありました。



人と分かり合えない。
こういった問題は身近な人に対して特に起こりやすいと思います。


それは自分にとって身近な人であればあるほどに「分かってほしい」という思いが強いから。


でも、相手は自分とは違う人間。


全てが分かってもらえるなんてことはあり得ない。


そうやって考えたら分かるけど、頭に血がのぼり、カッとなっている状態だと冷静に考えられないもの。


分かってほしい思い。
あると思います。


でも、自分が相手のことを全て分からないのと同じように、相手もこちらのことは全ては分からない。


例えば子どもが母親に対して「なんで分かってくれないのー!」って思うこと。
それは母親は自分のことを全て分かってくれている、という甘えがあるから。(心理学ではこれを母子一体感と呼びます。)



だから、自分も、相手も違う人間なんだと理解する。


それを心理学の用語で「離別感」と呼びます。




離別感。



親しい仲ほどにこれを意識する。



でも、「分かってほしい」という思いは否定せずに「あぁ。今分かってほしいと思ってるなぁ。」と感じるのは問題ないです。


大事なのは、それを感じた上で自分がどう行動するか。


この心があるだけでも楽になります。


現に、私がそうだったので‥にひひ


{E8EBCE9C-C3EF-45FC-BAC9-B42CB5FF1544:01}
筆文字#48「違いを知る」



「相手と自分、それは違う人間。


違いを知る。相手を変えようとしない。」


私が相手の全てを理解できない様に、相手も私の全ては分からない。


理解しあえない時、寂しいと感じる。


たとえそう感じたとしてもそれを表現する方法は選べる。


全てを理解しあおうとすると苦しくなる。」


ブログvol.75








One thought on “人と分かり合えないと苦しんでいる人へ。”

  1. SECRET: 0
    PASS:
    どうもです拝見させていただきました、更新すればまた来ますね。ブログ拝見させていただきました、また見にきますね記事読みました、更新楽しみにしていますね、僕のブログも遊びに来てください。

谷口剛志 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です