連日家族の話題ばかり投稿。。笑
    
  
    
 
こないだは私が父親に謝ったのだけど、今日は父親が私に謝ってきました。
正直、だいぶびっくりしました。こんな日がくるんだって感じでした。
 
   
   
   
あることがきっかけで私は父親のことがずーっと許せなかった。
謝ってほしい!!ってずーっと思ってた。頑固な私は謝ってもらうまで話さない!!って意固地になってた。
   
 
     
   
なんか、あんなに望んでいたことだったのに、謝ってもらっても現実が急に変わるわけじゃなくって。
言う、言わない、でしかないんだったら、別に言ってもらわなくても
もっと早くに私の心の中で許せてたら現実は全然違ったんだなぁ。私の問題だったんだなぁって。
そんなことに気付きました‥。
 
  
     
  
謝ってほしいって思ってても、その相手は何とも思ってなかったんだなぁってことにも気付かされて。
母親に促されて父親が謝ったんだけど、その時にぶきっちょな父親は
「俺が謝らないといけないことがあるの?」って言って。
私は何十年も苦しくて寂しかったのに、父親にとったら全然気付いてもいないことだったんだ‥って。
そんなことにも気づかされました。もちろん、照れ隠し?とかそういう
表現しかできない父親の弱さもあったんだろうなぁとも思うけれど。
    
     
 
     
こっちがどんな思いでいてるのかなんて、勝手に一人で拗ねてても言わなきゃ何も伝わらない。
言わなくても分かってよ!はただの甘えでしかない。。
  
 
 
 
「思いは言葉にしなきゃ伝わらない」
そんな言葉を筆文字で書いておきながら、私自身全然言葉にしてへんやん!って思いました。。
 
   
 
  
でも、
揉め事が起こった当時と今とじゃ私も親も精神状態も違ったし、
今だから受け入れて父親も謝れたのかも知れない。私も、冷静に聞けたのかも知れない。
母親も、父親に促せたのかも知れない。
全部タイミングなんだなぁって。
 
 
 
だから、過去を悔いる必要はないのかなって思います。
悔いたところで今は変わらないのだから。時間は戻ってこないんだから。
 
 
 
だから、今このタイミングで気付いた。このことをこれからどう活かしていくかが大切なのかなぁって。
そんなことを思います。気付いた私だからこれからできることがある。
気付いた私だから人に伝えられることがある^^
   
   
   
父親が謝ってきたお正月筆文字
 
 
 
   
   
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です