「親は本当の意味で自分にとっての鏡」
     
 
 
     
こないだ、親と話す!ってなった時に人に言われた言葉。
   
   
 
   
そのほかにもいろんな言葉を言ってもらい、最初はそんな冷静に話せるのか?って思っていたけど
  
   
  
とにかく、
「これを伝えるんだ」
っていうのを最低限決めて、ただ伝える。
    
    
   
そして、
伝えたら相手の反応は求めない。
求めると苦しくなるから‥
  
  
  
そして、相手の思いも聴く。
    
   
   
ということを意識しました。
   
  
  
 
   
言うまでこのルール何回も確認しました( ̄▽ ̄)笑
   
 
 
   
   
そして、
緊張しててもいい!
そのまんま話しに行く!!
伝えたいことは決めてるんだから、それだけ伝えれたらとにかくOK!
ということで話しました。
   
   
 
   
親と話すくらいで何だよって感じなのかも知れないですね。笑
   
   
 
 
でも、私にとって父親ってもう何十年とまともに話しをしたことのない相手だったので逃げ出したくなりました。
   
   
 
 
   
本当、うちは変な家族で。
一緒の家にいてんのに話さない、っていう‥。
最近まで一緒の家にいなかったけど、それでも状況はずーっと変わらずにきてました。
   
   
 
 
  
もう、
今更話すなんてあり得ない、何て呼んでいいのかも分からない、何話すの?って感じで。
  
 
 
     
   
でも、
話してみて気付いたことがありました。
   
   
 
 
  
「親なんやから、迷惑かけられてもかまわへん。
謝ってほしいとも思ってない。そんなん気にしなくていい」
 
って。
そう言われたんですよね。
父親から。
   
   
   
 
なかなか話し出せない私に対して、
「怒れへんから話せ」
とも。
   
   
   
 
うちの父親、すごい無愛想で、口下手で、寡黙。偉そう。
そんな父親がすごいイヤで、ずーっと、話しをしないから
昔から私は父親に「嫌われてる」って思っていました。
   
   
 
   
でも、
その言葉を言われて、私って‥ずーっと勘違いしてた?って気付いて。
 
嫌われてるんじゃなくてこの人って口下手だし寡黙だし、
態度デカくて偉そうにしてるのは単に愛情表現が下手くそだからそう見えるんだ、
不器用な人なんだって今更気付いて。
  
  
  
最初に書いた言葉、
「親は本当の意味で自分にとっての鏡」
という言葉。これがよぎって。
   
   
   
あ、私と一緒だ!笑
って気付きました(ーー;)
正直、こんな時じゃなきゃ認めてなかったこと。笑
  
 
   
  
私も照れ屋なので愛情表現めちゃくちゃ苦手。
コミュニケーションとるのも得意じゃない。だから周りから見たらとっつきにくいと思う。。。
   
    
   
 
それに気付いてから、お正月を実家で過ごして父親の態度を見てたら
誰に対しても同じよーな態度とってることに気付いて。
あ、私にだけじゃなかったんだ!って気付いて。
   
 
   
  
なんか‥
今まで私って、すごい勘違いして、
囚われて生きてきたんだって気付きました( ̄▽ ̄)
   
  
 
   
本当今更。
今更すぎて今まで何だったんだ?って感じで‥。  
   
 
 
   
   
それが大晦日の話し。
それから何だか放心状態。
今まで私はそこを求めていたのかも知れないことに気付かされました。
なんと表現していいかわかんないけど、妙な感覚。
 
 
で、まぁ
今回話したからといってこれをきっかけにめっちゃ仲良くなりました!!
とかではないんですが。
そんなに関係性は変わっていなくて。
 
 
でも、
自分の中で父親に対する見方も変わったし
心の距離感は変わりました。
父親の目を見れるようにもなりました。
   
   
   
こんな感じなのに報告していいんだろうか?って思ったけど、
私にとっては本当に大きな一歩だったのでこれでいいんだって思えたのでご報告。
   
   
   
 
あと、
いきなり結果は求めずに
ここから少しずつ向き合っていければ
いいのかも知れない。そう思いました♬^^
 
 
家族父親と向き合ってきました筆文字
 
 
 
 
 
 

2 thoughts on “長年の父親とのわだかまり解消の一歩。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です