純粋に思いのままに。筆文字。

今日は、わたしが筆文字を
するようになった経緯について書かせてもらいます♬

 

 

わたしが筆文字を初めてしたのは2014年8月。

知人が開催する筆文字講座に参加したことがきっかけでした。

 

 

もともと、筆文字には特別興味はありませんでした。

ただ、知人に筆文字を書いてもらったことをきっかけに
「楽しそうだな」「自分も書けたらいいかも」
そんな思いから。正直、自分が書けるとも思っていませんでした。

 

 

なぜ、自分が書けると思っていなかったのか?

それは、わたしに筆文字を書いてくれた知人は書道経験があったこと、
話しによると両親が書道の先生をしていたと言うことから
「わたしとは違うな」と思ったから。

わたしは小学生の頃から習字の授業が大嫌いでした。

それは、上手く書くことができないから。
いつも上手く書くクラスメイトを見ては
自分のできなさがイヤで仕方がなかったです。

 

 

しかも、それを書くだけで終わってくれたらいいのに
教室の後ろに全員の書いたものを張り出したりもして、
それが特にイヤだったのを覚えています。

 

 

そんなこともあって、
自分が文字がうまいなんて思ったこともありませんでした。

うまい人はすごいなーって、そんな思いしかありませんでした。

正直、筆を持ちたいとも思ったことがありませんでした。

そんなわたしが筆文字講座へ
参加することになったことがなんだか不思議でした。

 

 

講座が始まり、最初に一人一人簡単な自己紹介をしました。

そこで各々参加動機を話すんですが、
わたしが言ったのは「なんとなく、楽しそうだなーと思ってきました」
というなんとも軽い理由。笑

わたし以外に2人参加された方がいましたが、
その方達はお仕事で活用したいとのことでした。

 

 

もともとわたしは劣等感が強く、
人と比べることが日常的でした。

なので、わたしはなんでここに来たんだろう?とか、
わたしが一番下手くそだろうな〜とか、

始まる前から内心めっちゃ暗かったです。笑

今思えばもっと純粋に楽しめばいいのに!!って思うんですが。笑

 

 

そして、実際に筆ペンを持って文字を書き出してみて、驚きました。

それは、筆文字がとにかく楽しかったから。

さっきまでわたしが一番下手くそだろうな〜とか思っていたけど、
そんなのどうでもよくなりました。笑

 

 

ただただ書くことが楽しい。

書く楽しさに没頭していきました。

 

 

それは、わたしだからじゃなく、
参加されていた他の方達も同じでした。

「楽しい!」と口々に言いながら時間は過ぎて行きました。

 

 

筆文字講座様子8月大阪福島区野田阪神

 

 

筆文字講座受講風景大阪福島野田10月

 

 

なぜ、筆文字は楽しいのか?

それは、筆文字のルールにありました。

筆文字が大切にしているルールはとってもシンプル。

それは、「自由に楽しむ」ということ。

 

 

これはどういうことかというと、

見本通りに書かなくていい。
書き順も気にしなくていい。
2度書きや3度書きだってしていい。

トメとかハラいとか、気にしない。

大切なのは、「自由に楽しむ」こと。

 

 

自由だから筆ペンのもち方だって気にしない。

利き手で書かなくたって構わない。

 

 

楽しむことが大切だから、周りと比べない。
上手く見せようと意識するよりもただただ楽しむ。

自分が書きたい!そう思ったその思いを大切にする。

文字にはその時の気持ち、思いが反映される。

 

 

筆文字講座風景大阪福島野田10月

 

 

だから、
上手く見せようとする文字はなんだか味気ない。人を惹きつけない。

 

 

けど、純粋に楽しんでいる文字は魅力的。人を惹きつける。

 

 

絵を描かれる方が同じようなことを言っていました。

「上手く見せようとする絵はおもしろくない。
けど、楽しんで描いている絵は人を惹きつける。」と。

 

 

それを聞いて、これは文字や絵だけに限らないんだろうな、と。

そんなことを思いました。

 

 

人の顔色ばかり伺って、
誰かに好かれようとばかりしている人は楽しくない。

相手の評価ばかりにこだわっていて、
自分で自分を評価できていない状態。

誰かの一言ですぐに自分自身がブレる。

その状態はきっと、魅力的ではない。

 

 

けど、自分が自分を評価し、応援し、
自分は自分でいいんだと思えて生きている人はきっと自由で楽しい。

そうやって人生を楽しんでいるその人は魅力的だし、人を惹きつける人だと思う。

 

 

その経験を通して、文字を書く、
ということの概念が大きく変わりました。

先ほども書いた通り、
わたしにとって文字とは周りと比べて
上手いか、下手か、でしかありませんでした。

その結果、自分は習字が大の苦手で、
上手く書くこともできなかったので
文字を書くことに楽しさなんて見出せませんでした。

 

 

けど、文字を書くことを楽しんでいいんだ!
そう思えるとあれもこれも書くことが楽しい。

とにかく、楽しい。

これは筆文字を体験するからこそ得られる感覚だと思います。

それは、わたし達の日常は楽しむことよりも
人と比べて優劣をつけることで溢れているから。

だからいろんなことが苦しくなるんだなと思います。

 

 

この後も筆文字を通して学ぶことがいろいろとありました。

長くなってしまったので続きはまた今度書かせてもらいます^^

 

 

続きはこちらです^^
『筆文字にハマったことで思い出した自分の欲求。
筆文字を通して気付かせてもらったこと。』

 

 

筆文字講座風景。

 

 

筆文字作品の購入はこちらから





筆文字講座の予定などは
こちらのページをご覧ください。







LINE@ではブログの更新情報や筆文字作品の配信をしています♪
お友達追加はこちらから↓


もしくはID「@zdl7203f」で検索頂いてもご登録頂けます。
(検索の際は@も含めての検索をお願いします*)




筆文字講座の案内をメールにて配信ご希望の方はこちらから。

「わたしが筆文字をはじめたきっかけ」はこちらからご覧頂けます。

筆文字のご注文はこちらから。

筆文字のご注文お問い合わせはこちらから。




《Twitter》
http://twitter.com/nana_kirakira7
《Instagram》
https://www.instagram.com/nanahisaoka/
《アメブロ》
http://ameblo.jp/naa-10190404
《Facebook個人ページ》
https://www.facebook.com/nana.oka.520
《Facebookページ》
https://www.facebook.com/hisaokanana
《YouTube》
https://www.youtube.com/channel/UCTocgb9rkU3DNa2LlTuoL7Q
《LINE@》
https://line.me/R/ti/p/%40zdl7203f
ID→@zdl7203f

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です