【筆文字と心】全く興味のなかった筆文字をきっかけに囚われから解放された。

  いつも、何かを気にしてばかりいてた。「誰かにどう思われるだろう」とか「これは正しいだろうか」とかそんな周り…