来週、9月23日に今回で3回目になる筆文字講座を開催します^^

 

毎回開催してて思うのは、誰も来てくれなかったらどうしよう?という不安にたまーに襲われる自分がいてます。笑

お申し込みも頂いてるのに本当不思議だなっておもいます。

 

けど、人間そんな常に状態がいいわけではなくって、元気な時もあれば弱気な時もある。それでいいんだっておもいます。

 

きっと、不安になるわたしは今そういう状態になりたい時なんだろうなぁと思いながらこの感情を受け入れるようにしています^^

 

感情は受け入れてあげると小さくなる。

子供は遊んでいてこけた時、周りに人がいれば思いっきり泣きます。

 

逆に、誰もいなければ痛さから多少は泣くでしょうが、人がいてる時よりも泣き止むのは早いです。

 

泣いてても仕方ないってわかるからなんでしょうか。

おもしろいですよね^^

 

実は、これと同じことがわたしたちの心の中でも起こっています。

 

どういうことかというと‥

 

例えば寂しいなぁと感じた時に寂しさをごまかしてみたり。

 

悔しいなぁと思う時に悔しさをごまかしてみたり。

 

その感情をダメだと思う時ってその感情がさもないように振舞うことがあるかと思います。

けど、実際にはその感情は存在している。

 

すると何が起こるか。

そう、さっきの子供が泣くのと同じように気付いてーーーー!!

と存在をアピールしてきます。

 

ここで大切なことはその感情を受け入れてあげること。

 

ないふりをせずに気付いてあげる。

 

すると不思議とその感情は小さくなっていきます。

 

感情は見ないふりをして過ごすとずっとそこにいてるけれど、一度気付いてその感情を受け入れ、味わってみると徐々に小さくなっていきます。

まるで、泣いてる子供のように‥。

 

 

人と話すと楽になる。

これは人と話すことで気持ちが楽になる、あの感覚にもとてもにています。

 

人に悩んでいることを話して、別に解決策が見えたわけでも何でもないのに話しをするだけで気持ちが癒えていく。

 

これって人に話をすることで自分でいろんなことに気づき、自分で悲しかったり、寂しかったり、そういった感情を知らず知らずのうちに受け入れていっている状態。

 

けど、そうとは知らずについつい自分のその感情をダメなものだと決めつけ否定することがあるかと思います。

 

実は苦しかった原因はそこを受け入れていないから、見ないふりばかりしているからかもしれないですよ^^

 

感情を大切に。筆文字

 

楽しいもドキドキすることもワクワクすることも大切。

 

けど、寂しいな、悲しいな、モヤモヤするな。

 

そう思った時のその感情をないものにせず見てあげる。

 

それもすごくすごく大切^^

 

9/23開催の筆文字講座も気付けば開催まで一週間きりました!!^^

よければ遊びに来てください♬

筆文字を体験することでいろんな感情に気づくきっかけになり楽しいですし、それ以外にもいろんなお話ができれば嬉しいなぁって、そんな風に思っています。お会いできることを楽しみにしています^^


参加ご希望の方はこちらのページよりご登録をお願いします♡http://kokucheese.com/event/index/325659/

 

前回開催した際の様子を書いたブログはこちらです^^

(最後の方に参加頂いた方からの感想も載せています♬)

『第2回、筆文字講座を開催しました!!』
→ https://hisaokanana7.com/hudemoji 

 

筆文字講座大阪福島野田

        
講座は楽しく、リラックスした雰囲気で開催させてもらいます♬
ぜひぜひご参加ください!筆ペンを使ったことがなくても、文字を書くことが苦手な方でも関係なくどなたでも筆文字を楽しめます(^^)(^^)♬
      
♬♪♬♪♬♪♬♪
▪次回開催の筆文字講座
▪9/23(水.祝)@大阪
▪10/10(土) @大阪
筆ペンを使ってどうすればアートのような文字を描けるようになるのか、そのコツを一からお伝えさせてもらいます♬  
    
▪︎9/23Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1046164638740481/
    
10/10Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1614397972143884/
    
ブログ
https://hisaokanana7.com/
筆文字のご購入はこちらから♬ ネットショップ
http://hisaokanana.thebase.in/
Twitter
https://twitter.com/nana_kirakira7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です